仲介手数料無料の仕組み

不動産の仲介手数料無料の仕組みについて

仲介手数料無料の仕組みについて

仲介手数料無料とは

不動産を探しているときに仲介手数料無料というのを見かけたことがあると思いますが仲介手数料とはいったいどんな手数料なんだろうかと思った人もいると思います。
仲介手数料とは不動産が紹介などによって物件の取引したときに不動産に支払うことが仲介手数料と言います。
仲介手数料については、宅地建物取引行法上、賃金の契約であれば仲介業者が受領できる。
仲介手数料の限度額は家賃の一ヶ月分とされていてこの手数料を大家さんと借主双方から半分ずつでもどちらか片方から全額もらってもよいという宅地建物取引行法を前提としているのです。
仲介手数料を無料にするためには不動産会社はネットを活用して広告宣伝費用を押さえたりお客様のメリットを口コミとかで狙っているのです。
そして仲介手数料を無料にするためには大家さんに仲介手数料を請求して仲介手数料を無料にさすこともできるのです。
借りるのならば仲介手数料無料にしてもらえたら一番いいと思います。

どうして仲介手数料無料になるのか?

仲介手数料とはざっと数百万円はいると言いますがどうして仲介手数料無料になるのでしょうか?
仲介手数料は売主と買主と両方からはいる仕組みとなっていて半額でも不動産はやっていけるのかと心配に成ります。
しかしそれができるのは企業の努力と経費削減しているから仲介手数料無料となってくるのです。
ではどんな努力をしているのでしょうか。
それは広告費の大幅削減が主に成ります。
一般的には大手不動産会社は新聞の折り込みチラシをなん十万部とやっていて月に広告費だけで何百万となっていきます。
そこで多額な経費がかかるためにチラシをやめてインターネットで宣伝するように努力しているのです。
しかしインターネットで宣伝するのも近年値上がりしていて広告する枠を厳選して広告しているそうです。
そして次に経費削減は人件費のカットです。
仲介手数料無料の情報
よくオープンハウスで営業マンがたっている光景を見ますけどそれだけでも人件費はかかっているのです。
仲介手数料無料にしているのは私たちが知らないところで努力されているのですね。